スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢化社会の交通事情

ボストングローブ紙に、89歳の女性が4歳児をひき殺して罪に問われているという記事が載っていた。それを受けてボストンでは、85歳以上のドライバーに五年ごとの運転試験を課すという法令を定めようという気運が高まっている。

ある調査によると、85歳以上の人が1億マイル運転するごとに、14.5件の事故死に関わる計算になるという。その次に多い年齢層が、16から19歳で7.5件というのだから、その発生率は極めて高い(アメリカでは、ほとんどの州で16歳になれば免許をとれる)。年齢だけで差別をすることには疑問が残るが、歳を取れば反射神経が鈍ってくるのは事実である。

しかし、日本やアメリカの選挙を見て分かるように、じいさん、ばあさんというのは強い政治的発言力を持つので、たやすくそんな法案を通させるわけがない。歳を取ると頑固になる上、自分のこれまでの生活や価値観を守ろうと政治活動にも熱心になるのだと、大学時代に学んだ記憶がある。

AARP(全米退職者協会)は、アメリカで最も強い影響力を持つロビイング団体の一つで、50歳以上の人の半分近くが加入しているという。サウスパークには、免許を取り上げられた老人たちが、AARPの力を借りて武装蜂起するというエピソードがあった。

自らの衰えを認めるのはとてもつらいことで、ほとんどの人が自分はまだまだ大丈夫と思うのだろう。アメリカは車がないと生活ができない場所がほとんどなので、じいさん、ばあさんから車を取り上げるというのは、老人ホームに入れと言っているようなものである。とりあえずは公共交通機関を充実させることが必要ではないか。

この話、自分にとってもひと事ではない。ボクの祖父は車を何台も保有する運転好きである。家族は揃ってその運転技術の衰えを心配しているのだが、当の本人は全く気にする様子はない。ディズニーランドのスターツアーズ並の急ブレーキと、アリスのティーカップ並のハンドルさばきで、乗客がスリルと恐怖を味わっているのを尻目に、祖父はジャングルクルーズのガイドと同じくらい自分の運転がイケていると思っているのだろう。

その上、頑固を二乗したような性格なのだから他人の言うことなど聞くはずがない。本人のプライドを傷つけるわけにはいかないので、最近では孫たちが何かにつけて言い訳をして先にハンドルを握ってしまうようにしている。

大好きな祖父の自尊心と健康、そして安全。こりゃなかなかバランスの難しいやっかいな問題である。
スポンサーサイト

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

tag : AARP

comment

Secre

No title

最近たまたま高齢者が主役の映画「ヤング@ハート」を見ました。
その中に老人の危なっかしい運転の様子がでてきたのを思い出します。スピード出しすぎ、信号無視、急ハンドル。

高齢者と車の関係は私の住む都市でも同様です。
田舎なのと、高齢者だけの所帯が多いので、やぱり車がないと生活できない。また子ども世帯と一緒に生活していても、共働きの親に代わって孫の送り迎えをする人が多い。ですから、通学路に突っ込む、ブレーキとアクセルを踏み間違えて家族をひく、といった老人による子どもを巻き込んだ悲惨な事故が実際に起きています。
75歳以上に免許更新の際、講習を義務付けていますが、このときに痴呆症が見つかる人もあります。家族は気づいていても、運転できないと不便だし、本人が不機嫌になるし、なかなか「もう運転をやめたら」といいづらい。免許の更新の際に本人に気づかせるのがいいと思います。
公共交通機関の割引など様々なサービスをして、高齢者の免許の自主返納を呼びかけてはいますが・・・基本的に時間、路線が不便なところなので。効果があるかどうか。

Re: No title

「ヤング@ハート」、予告編を見ていて、涙が出てきました。
ボクも運転免許更新の際にチェックすることに賛成です。家族ではいいづらいことも、第三者が提言すれば受け入れやすいかもしれません。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。