スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝り方の違い

YouTubeで亀田大毅君のタイトルマッチでの反則行為と、それに関する謝罪会見の様子を見ました。亀田兄弟が日本で話題になり始めたころにはもうアメリカに来ていたので、彼らのことは、派手なパフォーマンスで注目集めていることくらいしか知りません。

動画を見た上では、18歳の大毅君が、チャンピオンの内藤さんに思うように試合を運ばれ、どうしていいか分からずやってしまった行為のように思われます。でも気になったのは処分が決定した後に開かれた謝罪会見。

自らの意思で丸刈りにしたという大毅君は、お父さんの史郎さん、協栄ジム金平会長とともに取材陣の前に登場。しかし、終始うつむいたままで一回も顔を上げることなく、質問にも答えずほんの数分で会見場を後にしました。その後、会長や史郎さんが記者の質問に答えていましたが、上司である会長がとにかく謝り続け、史郎さんは時折一言、二言を発するだけでした。

この様子を見ていて、日米の謝罪に関する文化の違いを感じました。日本人は謝罪の気持ちを表すために、頭を下げひたすら謝り続けます。謝罪相手の目を見つめることは失礼にあたりますし、あまり多くを語ろうとすると、言い訳がましいととらえられてしまいます。また、大毅君のように、反省を表すために頭を丸刈りにするというのはよく聞く話です。

それに対してアメリカでは、記者会見を開く時にはしっかりと声明文を用意し、自らの過ちについて説明します。誰に対して、どんな行為が、どうしていけなかったのか、そしてどう責任をとるのか。日本のように黙ってうつむいていては、反省していないと思われるかもしれません。

1998年、ビル・クリントン大統領が浮気問題で糾弾されていた時、彼はテレビの前に現れて国民に対して声明を発表しました。そこで自らの非を認めながらも、これは個人の問題であるという点を強調し、更には国民に対し、他の重要な問題に目を向ける時期だということを訴えました。この堂々たるスピーチをきっかけに、世論はクリントンに対して同情的になったとも言われます。

先月にも、シドニー五輪で5つの金メダルを獲得したマリオン・ジョーンズが、ステロイドの使用を認め、謝罪会見を行いました。涙をこらえながら、嘘をついて家族やファンを裏切ったこと、陸上界やアメリカの名誉を傷つけたことを謝り、陸上界からの引退を宣言した姿は見ていて痛々しい気持ちになります。


こうした文化による謝り方の違いを理解していないと、反省の気持ちを逆に失礼と受け取られてしまうので注意が必要です。

more...

スポンサーサイト

theme : 日本文化
genre : 学問・文化・芸術

tag : 亀田 謝罪 マリオン ジョーンズ クリントン 文化 大毅 ボクシング

写真から学ぶ人生論

デジタル一眼を買ってから、本格的に写真を勉強し始めました。といっても、お金や時間があるわけでないので、ブライアン・ピーターソンという写真家が書いた、Learning To See Creatively 『クリエイティブな目を養う』という本を読んで独学しています。どうすればプロの写真家のように、ダイナミックな構図や視点を持った写真を撮れるかを、表面的なテクニックにとどまらず、本質まで迫って解説してくれます。

なるほどと思わせる知識がたくさん載っているのですが、その中でも優れた写真家のあるべき姿というのは、人生そのものにも通じていることが分かります。

人を感動させる力を持った写真というのは、その他大勢の写真家が撮ったものとは異なる視点を持っています。例えば、エッフェル塔の写真を撮る時に、ほとんどの人はその大きさや美しさ、パリの街並みに目を奪われ、何もかもを一枚の写真に詰め込もうとします。そうした写真を撮れる場所には人が大量に集まり、それが更に人を呼ぶ。でも秀でた写真を撮影するには、みんながいるところにいては駄目です。群衆の隣にある木に登ってみたり、塔に目一杯近づいて一部をどアップにしてみたりと、新鮮なアイディアが必要です。

これは写真だけにとどまりません。世の中をびっくりさせるような、面白い発想というのは、人と同じことだけをやっている人からは生まれません。アップル社が以前、Think Different というテーマのCMを流していました。アインシュタインやエディソンといった偉大な人物は、奇妙だとか変人だとかいったレッテルを貼られることも多い。でもそうした常識外れな姿勢が世界を変えていく原動力になっている。まさにアップルがマッキントッシュでコンピューターのあり方を変えたように。



また、写真撮影において人と違った視点を得るには、ただ立ったままシャッターを切るわけにはいきません。中腰になったり、ひざを突いたり、そして時には地面にうつぶせや仰向けになって見上げたりする必要があります。誰もいない場所でならまだしも、街中でそうした姿勢になるというのは勇気がいります。ボクも夢中になって写真を撮っていると、自然と態勢が低くなることが多く、回りで人に笑われていることもしばしばあります。

そこで恥ずかしいからやめるのか、それともいい写真を撮りたいという情熱で人の目を気にせず作業を行えるのか。そこが優れたフォトグラファーとそうでない分かれ目になるように思います。他人の評価を気にして、自分の素直な気持ちにフタをしてしまう。これは写真にとどまらない問題です。誰かの迷惑になっているのであれば別ですが、ボクは自分の情熱に耳を傾けていられる、そんな大人でありたいです。

楽しみながら写真を撮っていく中で、人間としても大きくなっていける。そんな趣味になったらいいなって思います。
Learning to See Creatively: Design, Color & Composition in PhotographyLearning to See Creatively: Design, Color & Composition in Photography
(2003/10)
Bryan F. Peterson

商品詳細を見る

theme : デジタルカメラ
genre : 趣味・実用

tag : 写真 デジタル カメラ 一眼 フォトグラファー クリエイティブ アップル Mac

Couch Potato

スポーツの秋真っ盛りです。といってもボクはもっぱら観戦する側ですが。アメリカではフットボールが山場を迎え、バスケットボールも徐々に盛り上がってきています。困ったことに、週末は朝からひっきりなしにフットボールやバスケットボールを放映しているため、チャンネルを回していると必ず興味のある試合を見つけてしまい、テレビから離れられなくなってしまいます。

そうしたテレビ局の思惑に見事にはまり、テレビの前に一日中かじりついている男性がアメリカにはたくさんいます。そこで生まれた言葉がカウチ・ポテト(couch potato)。身が埋まらんばかりに柔らかいソファやカウチに座り、ビールを片手にポテトチップスをぽっこりとふくらんだ腹の上にこぼしながら頬張る。こんな典型的なアメリカ人男性の姿を皮肉って使われます。

余談ですがアメリカ人はポテトチップスを食事の一部と見なす傾向にあります。サンドイッチのお店に行くと、セットメニューとして清涼飲料水と一緒に、ポテトチップスを勧めてきます。日本では間違いなく母親に食べるなと注意される食品トップ3に入るだけに驚きです。アメリカの両手で数えるほどしかない健康的な食事の一つであるサンドイッチを、そんな栄養ゼロの悪玉で台無しにされては困るため、ボクはいつも「Of course not. もちろん、いらん」と断ります。

テレビの中で活躍するアスリートが、ステロイドに頼ってまで究極の体を目指す一方、それを観戦するファンが、ポテトチップスやビールを摂取し究極の不健康体になっていくのは皮肉なものです。

tag : アメリカ スポーツ カウチポテト ポテトチップ ステロイド テレビ サンドイッチ

ビジネスとしてのコーチング

スポーツが経済的に発達してきた今、コーチや監督として成功することはこれまで以上に難しいように感じます。

何も以前指導者になることが簡単だったと言っているわけではありません。むしろ今のほうがプロ化も進んで、多くの人がスポーツで生計をたてるということでは簡単かもしれません。

ボクがここで言う難しさというのは、プロスポーツのエンターテインメント性が強まったことで、単に競技指導者として優れているだけでは十分ではなくなってしまったことです。

記者に四六時中追い回され、異なるニーズを持ったファンに合わせて自らのチームをセールスしていかなくてはならない。残念なことに、マスコミに見捨てられたコーチは、どんなに競技指導力に秀でていても、居場所を失うのが今の世の中です。

たとえば、以前プロ野球は無条件でメディアに扱われていました。どちらかといえば監督は記者に対応して「あげている」、という姿勢だった。カメラの前で話すのが下手だったり、負け試合の後、無言でロッカールームにこもってしまったりしても、試合に勝ちさえすれば個性として認められました。

今もそうした傾向はあります。ただ、娯楽の数が増えてきて、相対的にプロ野球人気が下がってきた現在、そうした監督ばかりではファンやマスコミの支持は得られなくなってきているのは確かです。

日本よりもプロスポーツ文化の発達しているアメリカから来た、ボビー・バレンタイ監督やトレイ・ヒルマン監督は、ファンやメディアの重要さを身にしみて分かっているため、日本でもマスコミやファンへのサービスを怠りません。

バレンタイン監督率いるロッテはファンサービスを充実させ、彼自身もブログを定期的に更新したり、日米のメディアに積極的に登場したりしています。その結果彼らは、以前Bクラスの常連だったチームを日本一に導くだけでなく、そのブランド力をも向上させ人気球団へと変貌させました。

アメリカでプロや大学のコーチとして成功しようと思うのであれば、競技知識を養うのと同じくらい、もしくはそれ以上に、自らのブランド力を向上させる努力が必要となります。

ボクの母校であるテネシー大学の男子バスケットボールチームを強豪へと変貌させたブルース・パール監督は、試合中気迫を表に出して指示をとばすことで有名です。

でも、彼のすごいのは、そのエネルギーと情熱を、試合のない時も持続させていること。どんなに時間がなく疲れていようと、道端のファンに声をかけられればサインや写真撮影にとびっきりの笑顔で応じます。

ESPNのような全米ネットワークであろうと、地元の小新聞であろうと対応をかえることはありません。ヴォランティア団体、商工会や社交クラブにゲストとして招かれれば、無料で飛んでいくことも多い。

近くで見ていると、この人はいつ休んでいるのだろうと心配になるくらいです。これだけの情熱をそそいでいるからこそ、数億円の給料をもらう価値が出てくるのです。

shapeimage_2.jpg


これからの時代、コーチングを職業にしようと思うのであれば、他の人に負けない努力はもちろんのこと、自分を一つのブランドとして高めていく必要があります。これは、競技に参加する選手にも同じようなことが言えます。コーチやアスリートにも、脳みそが筋肉ではなりたたない、ビジネスの資質が求められています。

theme : スポーツ全般
genre : スポーツ

tag : スポーツ アメリカ コーチ ブルース・パール テネシー Bruce Pearl バスケ

お酒で見るアメリカの姿

僕が大学院に通っていたテネシー州の名物といえば、なんといってもエルヴィス・プレスリー。そしてそれに負けないくらい有名なのがウイスキーのジャック・ダニエルです。人口400人弱で信号が一つしかないリンチバーグという州南部の小さな街で製造され、世界中に輸出されている名産品です。日本でもそのファンはたくさんいます。

でも驚くべきことに、リンチバーグのあるムーア郡はドライ・カウンティで、郡内では酒類の販売が禁止されています。48の倉庫に2億リットルのウイスキーを抱えながらも、その場では買うことが許されません(但し、群外から来た観光客へのコレクターボトルの販売だけは許可されています)。

これは1919年に制定された禁酒法の名残で、連邦政府レベルでは廃止された悪名高き法律が、南部の一部の地域ではいまだ存在し続けているのです。この他にもblue lawと呼ばれる日曜日のアルコール販売を制限する法律が、テネシー州も含め各地で定められています。

更に外国人がアメリカに来て一番驚くのは、レストランやバー、酒屋に行ってアルコールを買う時、年齢確認のため身分証明書の提示を求められること。明らかに 21歳という年齢制限を超えている人でも、必ずチェックを受けます(場所によって若干厳しさは異なりますが)。この間スーパーで、僕の前に並んでいた70歳くらいのおばあちゃんが免許証を見せているのを見て、ここまで公平なら仕方ないと納得してしまったくらいです。こうした法律は、未成年の飲酒運転や宗教といった問題が絡みあって存在しています。

今や日本にとってアメリカという国はなくてはならない大切なパートナーになっています。でも、これまで述べてきたような保守的なアメリカの姿を理解している日本人は、一体どれくらいいるのでしょうか?ハリウッド映画やヒップホップなどから伝わってくる荒くれたイメージは、アメリカという国のほんの一部分に過ぎません。原宿のコスプレ族を見て、これが日本だと興奮する外国人のレベルとほとんど変わらないでしょう。

本当に他文化を理解しようというのであれば、メディアから伝わる、切り取られた情報を鵜呑みにせず、政治や歴史といった深いレベルでの文化形成過程に目を向けていく必要があります。

theme : アメリカ合衆国
genre : 海外情報

tag : テネシー リンチバーグ ジャック ダニエル 禁酒法 ドライ カウンティ Blue law

なぜ日本代表が勝てないのか?

今や日本で野球と肩を並べる人気を誇るサッカー。ワールドカップの盛り上がりはオリンピックや紅白などと比べても抜きんでています。その一方、日本代表は未だ世界の舞台で思うような活躍ができていません。フォーワードの決定力や個人技の不足、メンタル面の弱さなど、様々な理由が叫ばれていますが、日本のスポーツシステムそのものに疑問を投げかける議論は非常に少ないように思います。

日本でスポーツをする場合、その中心は学校の部活動です。サッカーではJリーグのユースクラブが人気を集め始めましたが、未だに多くの学生は部活動に参加しています。部活動は教育の一環としては非常に価値があります。スポーツを通じて、人間関係や主体的に活動することを学べる。でも、エリートアスリートの育成という点から見ると、落とし穴が存在します。

中学、高校と各スポーツには全国大会が存在するため、チームや選手一人一人の目標は、全国大会優勝ということになります。いい例が高校野球の甲子園とサッカーの国立。スポーツを始めた子供は、プロという目標よりも甲子園や国立の舞台に立つことを夢見ます。こうした目先の目標を達成するために、チームは最短で強くなる方法を選択するでしょう。一人一人の個人技よりも、チームワークを優先。また、監督はうまい選手を使い続けるため、下手な選手は出場機会さえ与えてもらえないことも。

でも、子供は肉体や精神の成長にばらつきがあって、小学生の時に花開く子もいれば、大学生になってようやく努力が実を結ぶ子もいる。ある時期に下手だからといって試合にでる機会を与えないのは、その子が将来花開く可能性を奪うことになります。また、中学生のバスケットボール選手が180センチあるからといってセンターの練習だけをさせていたのでは、高校生や大学生になって成長が止まってしまった時に、他のポジションに移るのが難しくなってしまいます。

チームワークを優先するあまり、個人技を発揮しようと考える我の強い選手を無理にチームに合わせ、その積極性を奪ってしまうことも考えられます。僕のアメリカの大学で、各国の人間が集まってサッカーやバスケットボールをすると、日本人は周りを気遣いパス役に徹するのに対し、ヨーロッパ人やアメリカ人は自ら得点しようと個人技に走ります。あまりの自己中心的なプレーに、僕も含めた日本人はいつも腹を立てますが、世界大会を見ているとなぜ彼らの個々のレベルが高いのかが理解できます。

日本代表が世界で活躍しようと考えるのであれば、指導者は目先の勝利にとらわれず、選手が将来ポテンシャルを引き出せるよう育てなくてはなりません。

theme : サッカー
genre : スポーツ

tag : サッカー 決定力 日本代表 フォワード 部活動 ユース チームワーク 世界 活躍 ワールドカップ

Friday Night Lights

アメリカで金曜日の夜と言えば、週末を前に街中に繰り出し、深夜までパーティーだというイメージを持っているかもしれません。でも、ボクの住んでいるような南部の小さな町だと、9月から11月までのフライデーナイトは高校フットボールが人々の注目の的になります。

ボクのアパートの隣にある高校でも、フットボールの試合が開催されると、小さいながらも観客席は満員になり、新聞やテレビ局の記者が数多く駆けつけます。スタジアムから漏れてくる照明の光が、秋とフライデーナイトの訪れを感じさせてくれるのです。

DSCF8949.jpg


アメリカで秋のスポーツ観戦といえば(アメリカン)フットボール。その人気は野球やバスケットボールといった他のスポーツの及ぶところではありません。NFL(フットボールのプロリーグ)や大学の試合では10万人近くのファンでスタジアムがいっぱいになります。人気の要因はいくつかありますが、一番の理由はフットボールがアメリカ文化に根ざしたことではないでしょうか。

多くのアメリカ人、特に男性にとって、フットボールは大切な社交の場になっています。試合の日は友人同士で集まり、ビールを片手にみんなでテレビ観戦。試合前には、スタジアム近辺がバーベキューを楽しむ家族であふれかえります。サンクスギビングや新年には、家族で集まってフットボール観戦というのが今や当たり前の光景です。

しかも土曜日は大学、日曜日はNFL、そして金曜日は高校と、それぞれちゃんと日を分けて開催されます。こうした文化習慣を定着させたことにフットボールの人気が隠されているのです。秋という季節に、週末に一日ずつだけ試合が行われる。だからこそ一つ一つの試合の重みが増し、多くの関心をひきつけられます。ボクのアメリカ人のルームメイトも、毎年この時期が訪れるのを心待ちにしています。

南部や中部といった、大きな都市の少ないアメリカ内陸部地域では、プロチームを保てるだけのマーケットがありません。その分、人々の関心は、大学や高校スポーツへと傾けられます。各町の新聞も地元の大学や高校スポーツをメインで扱い、床屋やレストランに行くと、地元チームは今年強いだの、いい選手がいるだのといった話を耳にすることとなります。こうしたチームでプレイすることは選手や家族にとって最高の名誉であり、まさにおらが町のヒーローとなることだと言えます。

DSCF8952.jpg


アメリカの田舎町における高校フットボールの様子を描いた、Friday Night Lights(邦題「プライド 栄光への絆」)という映画があるので、興味を持った方はぜひ見てください。メディアから伝わってくるのとはまた違った、より現実に近いアメリカの一面が見られるはずです。
プライド 栄光への絆プライド 栄光への絆
(2005/11/25)
ビリー・ボブ・ソーントン、ティム・マッグロウ 他

商品詳細を見る

theme : アメリカンフットボール
genre : スポーツ

tag : フットボール アメフト フライデーナイト 金曜日 高校 アメリカ スポーツ

新しくブログを始めました

もともとmixiや自分のホームページで日記を書いていたのですが、メンバーしか見られなかったり、専門的・個人的内容のバランスが難しかったりという問題がありました。

このブログに移って、あまり気張らず自分の日々の生活を綴っていこうと思います。時には面白おかしく、特には真面目に、色々なトピックを書いていこうと思いますので、肩ひじ張らず楽しんでいってください。特にアメリカ英語スポーツに興味がある人には役立つ情報もあるかと思います。

色々な人に読んでもらえるようランキングにも登録しましたので、左にあるバナーをクリックしてもらえると助かります。荒らしでなければどんなコメントも歓迎です。ぜひ書き込んでいってください。

tag : アメリカ 英語 ニュース 語学 スポーツ 留学 ランキング

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。