スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまらないMLBドラフト

一昨日のNBAに続き、昨日は細々とNHLのドラフトが行われた。

NBAドラフトでは、大方の予想通り、クリッパーズがオクラホマ大のブレイク・グリフィンを全体一位で指名。今年のドラフトは、スペイン代表、18歳のリッキー・ルビオを筆頭にポイントガードはタレントが豊富だったが、それ以外はイマイチという印象だった。

それでも会場では、デイビッド・スターン・コミッショナーが指名された選手の名前を読み上げる度にファンからブーイングや歓声が上がり、盛り上がりを見せていた。NBA好きの同僚もテレビの前に張り付き、途中に入るトレード速報を聞きながら一喜一憂していた。

NBAやNFLのドラフトは、会場に主な選手達が集まって全米生中継される中、お祭りのような雰囲気を帯びる。大学スポーツファンにとっては、自分の応援する大学の選手がどこに行くのか気になるし、プロスポーツファンにとっては応援するチームが誰を獲得するかで勢力図が大きく変わってくる。バスケットボールやフットボールにとって、ドラフトはまさに運命の一日なのだ。

その人気をまねようと、野球のメジャーリーグも2007年に初めてドラフトのテレビ生中継を行った。その年、テネシー大の選手が一巡目で3人指名されるという快挙を達成したので、ボクは個人的には楽しむことができたが、注目度という点ではNBAやNFLには到底及ばなかった。

残念ながら野球はバスケットボールやフットボールと違って、ファンがドラフトを楽しめる要素が少ない。日本では高校や大学で注目を集めた選手がすぐにプロで活躍するということも珍しくはないが、メジャーリーグではどんなに期待される選手でも数年間はマイナーリーグで経験を積まなくては活躍できない。上位指名選手がすぐにチームにインパクトを与えることができないため、数年経ってメジャーに上がってもドラフトは単なる過去の話となってしまう。

それに野球はバスケットボールやフットボールに比べて、選手の将来が予想しづらい。最初の10巡目くらいまでに指名されるような選手であっても、メジャーリーグにたどりつけるのは30パーセントくらいの確率であるという。それ以降に指名される1500人もの選手の間では、それが5パーセントほどに落ち込む。野球のドラフトでは失敗のほうが成功よりも圧倒的に多いのである。

それに対してバスケットボールでは、ドラフトの上位で指名されるような選手は、ケビン・デュラントやデレック・ローズのように一年目からチームを牽引する活躍を見せることもある。まして一度もプロの試合を経験しないというようなことはほとんどない。ファンとしては、大学やヨーロッパでスターだった選手が、一年目にNBAでどんな働きを見せるのか、ドラフトの日から待ち遠しく感じることができる。

そして何より、大学バスケットボールや大学フットボールに比べて、米国では高校野球や大学野球の人気が圧倒的に低い。コアな野球ファンでない限り、ドラフト候補選手を誰一人として知らないというのが普通である。甲子園のような高校全国大会は米国には存在しないし、カレッジ・ワールド・シリーズ(全米大学野球選手権)も未だマイナーな大会。今年こそ全体一位で指名されたスティーブン・ストラスバーグが注目を集めたが(サンディエゴ州立大出身の彼は、160キロの豪速球をバンバン投げる怪物)、それ以外は「あんた誰?」の世界である。そんなドラフトを見ても楽しいわけがない。

悲しいが、米国野球のドラフトはお祭りには成り得ないのである。
スポンサーサイト

theme : MLB
genre : スポーツ

tag : ドラフト メジャーリーグ MLB NBA NFL NHL スティーブン・ストラスバーグ

マイケルの死

世界中に大きな衝撃を与えた、マイケル・ジャクソンの死

昼過ぎにオフィスに着くなり、みんながテレビにかじりついていた。同僚からマイケル・ジャクソンが死亡したと聞いた時は、マイケルにありがちな単なる噂話だと思った。急いでインターネットでUSA TodayやCNNを見てみると、「マイケル・ジャクソン、病院に担ぎ込まれる」といった見出しが目に飛び込む。芸能ゴシップサイトのTMZはいち早くマイケルが死亡したと報道。情報が錯綜していた。

その後、ようやくロサンゼルス・タイムズが関係者に確認を取り、ウェブサイトに死亡記事が掲載された。テレビでは、どのチャンネルもマイケルのニュースを速報で流していた。

その数時間後には、Googleトレンドのトップ100のうち、16がマイケルに関するものとなり、Twitterでは一時、マイケルの死に関するものが投稿の30パーセントを占めたという。

思えばボクのマイケルとの出会いは、東京ディズニーランドの3D映画アトラクション、「キャプテンEO」だった。小学生になるかならないかくらいだったボクは、男か女か分からないマイケルと奇怪なエイリアンとの争いに恐怖を抱いていた。あまりの恐ろしいCG映像に、3D眼鏡をかけては鑑賞できなかったのを覚えている。

大きくなってからは、マイケルの音楽に特に魅かれるということはなかったが、キレのあるダンスやちょっと変わった生活ぶりには興味を持たずにはいられなかった。

キング・オブ・ポップと評され、米国のみならず、世界中の注目を集めたマイケル・ジャクソン。その人気ぶりとエンターテイメント界に与えた影響、あまりの人気から生じた苦悩などはエルビス・プレスリーに重なるところがある。

多様性を内包する米国では、国民が一斉に注目するニュースというのはそうあるわけではない。そのアメリカで、マイケルの死がこれだけ話題になるということは、彼がいかに愛される存在であったかを物語っている。

この記事を書きながら、改めてマイケルの音楽を聴き直しているが、その澄んだ優しい歌声の裏に何ともいえない寂しさを感じてしまう。彼の作品には、マイケル・ジャクソンという人物そのものがにじみでている。まさにアーティストである。

theme : マイケルジャクソン
genre : ニュース

tag : マイケル・ジャクソン Googleトレンド Twitter

コンフェデ杯準決勝:米国、無敵艦隊撃破

FIFAコンフェデレーションズ杯の準決勝で、世界ランキング14位の米国が、一位のスペインを2-0で破り、決勝進出を決めた。

この2006年以来の敗北で、スペインは国際Aマッチ15連勝、同無敗記録35試合がストップ。その一方、米国は1916年に加入して以来、初のFIFA大会決勝進出となる。

スター軍団で臨むバスケットボールや野球と違い、米国のサッカー代表チームは突出したスターがいない。スペイン相手にも、堅い守りと確実なボールコントロールやパスで少ないチャンスをものにして勝利を収めた。日本代表としても参考できる部分があったように思う。

この快挙を、テレビ放映を行っていたESPNだけでなく、Yahoo! Sportsとスポーツイラストレイテッドもウェブサイトでトップニュースとして扱った。これはサッカーとしては異例の扱いである。うちの新聞も、他に大きなニュースがなかったので一面で取り上げた。

ニューヨークタイムズは、記事の見出しに"Miracle on Grass(芝上の奇跡)"という表現を用いた。1980年のレークプラシッド五輪で、大学生を中心に構成された米国ホッケー代表チームが、最強と言われたロシアを下したことを"Miracle on Ice(氷上の奇跡)"と呼んでいることになぞらえたものだ(これは映画にもなっている)。米国スポーツ史上最大の番狂わせとして名高いMiracle on Iceと比較されるくらいだから、この勝利が国民に与えるであろう影響は計り知れない。

ミラクル [DVD]ミラクル [DVD]
(2005/12/21)
カート・ラッセルパトリシア・クラークソン

商品詳細を見る


サッカーは米国では未だマイナースポーツの域を脱するに至っていない。男子チームは、1930年の第一回ワールドカップでは準決勝進出、1994年にはワールドカップの開催国となり、2002年のワールドカップではベスト8まで進んだにも関わらず、国内では日の目を見ることはなかった。サッカーを女子スポーツだと見下す人も多い。

何でも一番じゃなきゃ意味がないと考える国民気質や、根強く残る反ヨーロッパ主義など、サッカーが米国で根付かない理由は色々と考えられる。これまでにも、ワールドカップ開催やMLS発足、ベッカムのロサンゼルス・ギャラクシー移籍など、サッカー地位向上のきっかけになるのではないかと期待されることはあったものの、どれも流行で終わってしまっていた。

もしかしたら今回のコンフェデ杯がそれを変えるきっかけになるかもしれない。ナンバーワンを求める米国人にとって、何より世界一位のスペインを破ったというのが大きい。しかも、先週末までグループ突破すら危ぶまれていたというドラマまでついている。ワールドカップの前哨戦といわれるコンフェデ杯で優勝すれば、来年のワールドカップに向けて注目度にいっきに火がつく可能性がある。

スペイン戦がまぐれでないことを国民に証明し、歴史的勝利として後世に伝えられるかは、全て日曜日の決勝にかかっているといってもいい。米国サッカーにとって運命の一日になるかもしれない。

theme : FIFAワールドカップ
genre : スポーツ

tag : コンフェデ杯 コンフェデレーションズ杯 サッカー 米国 ミラクル スペイン

高齢化社会の交通事情

ボストングローブ紙に、89歳の女性が4歳児をひき殺して罪に問われているという記事が載っていた。それを受けてボストンでは、85歳以上のドライバーに五年ごとの運転試験を課すという法令を定めようという気運が高まっている。

ある調査によると、85歳以上の人が1億マイル運転するごとに、14.5件の事故死に関わる計算になるという。その次に多い年齢層が、16から19歳で7.5件というのだから、その発生率は極めて高い(アメリカでは、ほとんどの州で16歳になれば免許をとれる)。年齢だけで差別をすることには疑問が残るが、歳を取れば反射神経が鈍ってくるのは事実である。

しかし、日本やアメリカの選挙を見て分かるように、じいさん、ばあさんというのは強い政治的発言力を持つので、たやすくそんな法案を通させるわけがない。歳を取ると頑固になる上、自分のこれまでの生活や価値観を守ろうと政治活動にも熱心になるのだと、大学時代に学んだ記憶がある。

AARP(全米退職者協会)は、アメリカで最も強い影響力を持つロビイング団体の一つで、50歳以上の人の半分近くが加入しているという。サウスパークには、免許を取り上げられた老人たちが、AARPの力を借りて武装蜂起するというエピソードがあった。

自らの衰えを認めるのはとてもつらいことで、ほとんどの人が自分はまだまだ大丈夫と思うのだろう。アメリカは車がないと生活ができない場所がほとんどなので、じいさん、ばあさんから車を取り上げるというのは、老人ホームに入れと言っているようなものである。とりあえずは公共交通機関を充実させることが必要ではないか。

この話、自分にとってもひと事ではない。ボクの祖父は車を何台も保有する運転好きである。家族は揃ってその運転技術の衰えを心配しているのだが、当の本人は全く気にする様子はない。ディズニーランドのスターツアーズ並の急ブレーキと、アリスのティーカップ並のハンドルさばきで、乗客がスリルと恐怖を味わっているのを尻目に、祖父はジャングルクルーズのガイドと同じくらい自分の運転がイケていると思っているのだろう。

その上、頑固を二乗したような性格なのだから他人の言うことなど聞くはずがない。本人のプライドを傷つけるわけにはいかないので、最近では孫たちが何かにつけて言い訳をして先にハンドルを握ってしまうようにしている。

大好きな祖父の自尊心と健康、そして安全。こりゃなかなかバランスの難しいやっかいな問題である。

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

tag : AARP

テレビ中継のないシャンパンファイト

マリナーズのシングルA球団、ハイデザート・マーベリックスが前半戦の地区優勝を果たした。ホーム最終戦で決めた優勝だったので、ボクもその瞬間に立ち会うこととなった。

試合後のクラブハウスに入ると、既に狭いロッカールームの中で、賑やかなシャンパンファイトが始まっていた。バケツいっぱいの酒をかけられている選手や、上半身裸で踊りを披露している者。メジャーリーグのように、テレビ中継や記者が何十人も詰めかけるということはないが、選手やコーチ陣、スタッフが一丸となって優勝を喜ぶ姿はどのレベルでも変わらない。

プロ野球選手にとって、マイナーリーグというのは、メジャーリーグに上がるためのステップに過ぎない。しかしほとんどの選手は、メジャーという夢の舞台に立つことなく、選手生命を終えてゆく。これが人生で最後のシャンパンファイトになるかもしれないということだ。

マリナーズが2007年のドラフトで一順目に指名したフィリップ・オーモント投手。カナダのケベック州出身の彼は、マーベリックスの中でもメジャーに上がることを確実視される選手の一人である。優勝の瞬間にクローザーとしてマウンドにいた彼は、「これまでの人生で最高の瞬間だったよ。前半戦をともに戦ったチームメイトが全員フィールドに飛び出して優勝を祝う。最高の気分だよ」とゴーグルをつけて笑顔で話した。

マイナーリーガーたちにとっては、たとえチームメイトといえど、周りの選手はみんなメジャーの枠を争うライバルである。個人の成績が一番で、チームの優勝など関係ないという選手がいても不思議ではない。なのにどの選手に聞いても、このチームで優勝できたことが一番嬉しいと口をそろえる。数億円もの賞金をかけて争っている選手達が、いつのまにか一つの運命共同体としての意識を持つようになったのである。

いつもはインタビューでもそっけない監督が、ロッカールームの後ろの方でビールを片手に、楽しそうに選手の喜ぶ姿を眺めていた。以前は自分もこの若い選手達のように、メジャーリーグを夢見て必死にプレイをしていた。わずか数百人のファンの前で試合をして、長距離を窮屈なバスで移動。汚いロッカールームでチームメイトたちとジョークを交わす夜。勝利にはしゃぐ彼らの姿を見て、当時を思い出していたのかもしれない。

インタビュー中に頭からビールをかけられた後、酒臭い体のまま記事を書き終え、ファンのいなくなった暗いスタジアムの通路を歩いていると、球団の運営スタッフが些細な優勝祝賀会を開いていた。帰ろうとするボクを見つけたジェネラルマネージャーのティムが、ビールを片手に近づいてきて、「前半戦を取材してくれてありがとう」と笑顔で声をかけてきた。

市の財政難でチームが存続危機に直面しているマーベリックスにとって、この優勝は数少ない朗報の一つである。ボクは「おめでとう、ボクも楽しかったよ」と返した。

ゲートを出て車に歩いていくボクの後ろ姿に、「後半戦もよろしく」とティムが一言。ボクは思わず笑顔を浮かべ、心の中で「もちろんだよ」とつぶやいた。

theme : MLB
genre : スポーツ

tag : ハイデザート マーベリックス マイナーリーグ メジャーリーグ

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。