スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニカ・アボット、王冠なきソフトボール女王

北京五輪のソフトボール、日本とアメリカが準決勝で対決しました。アメリカのモニカ・アボットと、日本の上野由岐子選手が投手戦を見せ、両チーム得点のないまま七回を終了したため、延長タイブレーカーへもつれこみました。結局九回に4点を挙げたアメリカが4-1で勝利。決勝進出を決めました。

左腕アボットはテネシー大学出身で、ボクも学生時代に取材をしていました。彼女を際立たせるのは何といっても190センチの身長。最初に会った時は思わずバスケットボール選手かと聞いてしまったほどです。

アボットの速球はおよそ110キロ。世界最速を誇る上野選手の119キロには及ばないものの、身長を活かした大きな歩幅で、ボールをリリースする位置が他の選手よりもバッターに近くなるため、スピードガン表示以上の迫力とスピード感があります。

日本代表も男子ピッチャーを相手に準備をしてきたといいますが、190センチのピッチャーというのはそう滅多にいるものではありません。

テネシー大学に入学したアボットは、それまで無名だったソフトボールチームを、4年間で3度、全米大学ソフトボール選手権へと導きます。在学中からアメリカ正代表チームに選出され、一躍大学ソフトボール界の頂点へと登りつめますが、最初の2度の大学選手権では決勝へ進むことができませんでした。

四年生となり、満を持して臨んだ2007年のシーズン。テネシー大学は優勝候補に名を連ねて選手権に乗り込みました。無敗で初の決勝ラウンド進出を果たし、アメリカ代表監督も務めるマイク・カンドレア率いるアリゾナ大学と対戦します。先に2勝した方が優勝という中、テネシー大は初戦をものにし、第2戦でもあと一歩のところまでアリゾナを追いつめますが、まさかの逆転を許してしまいます。

それまで1人でチームを背負ってきた疲れが出たのか、最終戦ではついに力尽き、アボットの大学生活は準優勝で幕を閉じることに。ESPNで全米中継された決勝戦は選手権史上最高の視聴率を記録しました。

当時、テネシー大学新聞でスポーツ編集長をしていたボクは、アボットが大学時代あらゆる記録を塗り替えながら、一度も優勝することができなかったことから、"A queen without a crown(王冠なき女王)"という書き出しで決勝戦の記事を書きました。

皮肉にも、アメリカ代表のあまりの強さゆえ、ソフトボールは野球とともに、2012年のロンドン五輪正式種目から外されてしまいました。

アボットにとって最後となるかもしれない今回のオリンピック。日本と相性の良い彼女は、日本が決勝を進出を決めた場合、再び登板する可能性があります。最後のチャンスをものにし、彼女は本当の「女王」になって花道を飾ることができるのでしょうか。
スポンサーサイト

theme : 北京五輪
genre : スポーツ

tag : モニカ・アボット アメリカ ソフトボール 日本 上野由岐子 オリンピック 北京五輪 テネシー大

comment

Secre

あの投手はテネシー大出身の選手だったのですね。
日本は負けてしまったのだけど、急に親近感が沸いてきました。アメリカとの対戦がもし、またあるならもっと注目して見てみます。

久しぶり。
日本は決勝に出たようですね。
見なくては。

>エルルさん
テネシー大は、彼女のおかげで名門プログラムとして知られるようになりました。残念ながら、アボットにとってはまたもや決勝で苦い思いをすることになってしまいましたけど。。。

>usuiさん
久しぶりです。日本は最後の最後でメダルを獲得して大したものです。アメリカにとっては、最後となるかもしれないオリンピックで、わずか1敗に泣かされましたけど。

アボット投手の投球を決勝戦で見ました。
二番手で登場、すでに二点差になっていましたが、アボット選手の全身からみなぎる気迫は威圧感がありました。
上野投手は速球投手とのことですが、アボット投手の球のほうが重くて打ちづらそうに見えました。力対力の勝負をしていたら、日本は勝てなかったんじゃないかと思います。

試合の後半を見ていて、つくづく野球はチームスポーツだな、と思いました。最終回のアメリカ内野手のエラーは、なんとなく萎縮しているような、負けを恐れているような雰囲気を感じたのです。アボット投手の能力だけではどうにもならない部分ですね。

>エルルさん
地力ではアメリカが上回っていましたが、日本は一番大事な試合で上野投手が最高のピッチングを見せてくれました。

確かに最後は負けを恐れるアメリカと、失うもののない日本で大きく差が出たのかもしれません。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。