スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイズの快進撃を支える若手:デービッド・プライス

アメリカンリーグ優勝決定シリーズで、レイズがレッドソックスを接戦の末に下し、創設11年目にして初のワールド・シリーズ進出。第7戦では、岩村明憲選手が難しいバウンドの打球をグラブにおさめ、自ら二塁ベースを踏んで最後のアウトをとりました。

レイズはヤンキースとレッドソックスが、近年激しい優勝争いを繰り広げるア・リーグ東地区に所属。最下位が定位置となっていましたが、今年ようやく若手補強が実を結び、初のプレイオフ進出を果たしました。これも弱いチームから順番に選手を指名していくウェーバー方式のドラフトで、有望な若手を獲得してきた結果です。

昨年のドラフトでは、全米一位でヴァンダービルト大学のデービッド・プライス投手を指名。1年目となる今シーズンは、アメリカとしてはまれなスピード出世でマイナーリーグを駆け登り、9月14日にメジャーリーグ・デビューを果たします。

そして昨日の第7戦では、8回ツーアウト満塁という危機的状況でマウンドへ。新人とは思えない投球で見事ピンチを切り抜け、最終回も無安打無失点に抑えて優勝投手に輝きました

そのプライスをボクが初めて見たのが、2006年夏にアメリカで行われた日米大学野球選手権。ノースカロライナ州ダーラムで行われた第1戦に先発し、現在西武で活躍する岸孝之投手と投げ合いました。

Price.jpg

Kishi.jpg

155キロの速球と切れのいいスライダーが印象的でしたが、コントロールの荒さが目立ち、むしろ巧みな投球術と正確なコントロールで、強力なアメリカ打線を無失点に抑えた岸選手の好投の前にかすんでしまいました。日本側ダッグアウトからは、「速いだけだ、打てるぞ」という声も。

それでもプライスは、その後の世界大学野球選手権では、防御率0.20の活躍でアメリカを優勝へと導きます。2007年の大学シーズンでも、注目度に恥じない働きで、ドラフト上位指名を確実なものにしました。

プロに入ってからは、球速よりコントロールとスライダー、チェンジアップに重点を置いたピッチングをするようになりましたが、これもマイナーリーグでの成長なのかもしれません。

ア・リーグ優勝決定シリーズの第二戦では、延長11回の大事な場面でプレイオフ初登板を果たし、メジャー初勝利も手にしたプライス。ワールドシリーズで同じような活躍をすれば、一気にスターへの階段を駆け上がることになります。
スポンサーサイト

theme : MLB
genre : スポーツ

tag : レイズ ワールドシリーズ レッドソックス 岩村明憲 デービッド・プライス MLB メジャーリーグ 野球

comment

Secre

No title

なつかしいね、このときの日米野球。オレも間近で彼のブルペンでの投球練習を、はえぇな~って思って見てたけど、試合の方は岸のピッチングに魅了されたね。でも、この試合以来、プライスは気になる存在だね。「オレ前から知ってたんだぜ」みたいな。

No title

>takaさん
ボクもあの日米野球はすごく印象に残っています。あの時に出ていた選手が活躍しているのを見ると嬉しくなります。第2戦で先発したニック・ヒルが、地元のマイナーチームにいて、J.P.やプライスと一緒にプレイできたのはいい経験だったと言っていました。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。