スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝祭およびブログ開設1周年

昨日は感謝祭(Thanksgiving Day)でした。

多くのアメリカ人は、毎年11月の第4木曜日に行われるこの祝日を、家族と一緒に過ごします。そして翌日の金曜日は、ブラック・フライデー(Black Friday)と呼ばれ、小売店がクリスマス商戦の口火を切ります。各店舗は、朝の4時から6時に開店して、大セールを行うのです。特に不景気に悩まされる今、どの小売店にとっても、生き残りをかけての大事な1ヶ月になること間違いありません。

金曜日に休暇をとって、4連休を楽しむ人がほとんどの中、アメリカに家族のいないボクは、逆に木曜日から月曜まで5連勤。今日は内勤で、夜中までスポーツ面の表紙をデザインしていました。

ちなみに、アメリカの感謝祭に欠かせないもう一つのイベントが、アメリカン・フットボール。男性は感謝祭料理をたらふく食べ、ビールを片手にNFLを観戦します。普段は日曜日に行われるNFLですが、この日だけは3試合が放送されます。

また感謝祭のパーティーに集まった家族や友達が、庭や公園などでフットボールを楽しむ光景もよく見かけます。こうしたイベントや愛国心をうまく利用して、文化の一部になったからこそ、フットボールがベースボール以上の国民的スポーツになりえたのです。

一面全てフットボールの記事と、うちの新聞は見事それを反映することとなりましたが、オフィスにこもって仕事をしていると、そうしたイベントは遠い世界のことのよう。少しでも祝日気分を味わおうと、休憩時間に職場の近くにあるレストランで、感謝祭ディナーを食べてきました。

081128ThanksgivingDinner.jpg

感謝祭が過ぎると、アメリカはもうクリスマスの様相を帯びてきます。そうした意味で、感謝祭は一年の終わりの始まりを示す、区切りの日だと言えるでしょう。
スポンサーサイト

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

tag : 感謝祭 サンクスギビング ブラック・フライデー NFL フットボール アメフト

comment

Secre

No title

そういえば、今週見た試合のどれかが「サンクスギビングデー・フットボール」と呼ばれていたような気がする。

感謝祭といえば、テネシーに住んで間もないころ、知り合って間もない方から招待していただいたことがありました。
あまり英語が得意でない私は、緊張して少々気詰まりでしたが、ありがたいと思いました。
そういう人と人とをつなごうとする気持ちは、特にテネシーの私のいた町のように東洋人の少ない土地では勇気のいることなのでは、と思い、感心しました。

ところで今朝のニュースで、東部のほうのウォルマートで買い物客がセールに殺到して犠牲者が出た、というニュースを耳にしました。そこまですごいのか・・・!

No title

>エルルさん
ボクも、クリスマスや感謝祭、復活祭などで、他人のボクを、家族での夕食会に、平気で誘ってくれるアメリカ人の寛容さが好きです。

ウォルマートで死亡者がでたニュースには、ボクも驚きました。開店を待ちきれなくなった行列客が、店員が必死に抑えているガラスドアに圧力をかけ、それが割れたことで店内になだれこみ、倒れた店員の一人を踏みつぶしていったようです。まるでサバンナの象が暴走したかのような光景。その後、警察が来て、必死に客を店内に出そうとしていたのにも関わらず、文句を言う客さえいたというのだから、絶句してしまいます。たかがセールで、人間がここまで醜くなるとは残念なことです。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。