スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の競技場トップ10

遊園地のように、足を踏み入れるだけで胸を高鳴らせてくれる、スタジアム。

Wikipediaに、List of stadiums by capacity(世界のスポーツスタジアム最大収容人数順リスト)が載っていました。以下がそのトップ10です。

1.メーデー・スタジアム (北朝鮮) 150,000
2.ソルトレーク・スタジアム (インド) 120,000
3.ビーバー・スタジアム (アメリカ) 107,282
4.ミシガン・スタジアム (アメリカ) 106,201
5.アステカ競技場 (メキシコ) 105,000
6. オハイオ・スタジアム (アメリカ) 102,309
7.ニーランド・スタジアム (アメリカ) 102,037
8.メルボルン・クリケット競技場 (オーストラリア) 100,012
9,アザディ・スタジアム (イラン) 100,000
9.ブキット・ジャリル国立競技場 (マレーシア) 100,000

1位の、平壌にあるメーデースタジアムは、マスゲームが行われることで有名です。飢えている人がいるのに、こんな立派な施設をつくる余裕があるとは、さすが北朝鮮。日本のトップは、横浜国際総合競技場(72,327)の76位です。

さて、スポーツ大国として、見事4つのスタジアムがランクインしているアメリカですが、それぞれどのチームの本拠地だと思いますか?

実は4つとも、大学フットボールのスタジアム。ビーバー・スタジアムはペンシルベニア州立大学、ミシガン・スタジアムはミシガン大学、オハイオ・スタジアムはオハイオ州立大学、そしてニーランド・スタジアムはテネシー大学にあります。

一年間に6試合だけ行われるフットボールのために建てられた、これらの巨大競技場。もちろん、毎試合満席となります。オハイオ・スタジアムを除けば、それぞれのスタジアムがある小さな町は、人口とスタジアムの収容人数が大して変わりません。試合のある日は、町がフットボール一色に染まり、州の内外から卒業生たちが応援に集まってくるのです。
スポンサーサイト

tag : 競技場 スタジアム フットボール アメリカ 大学

comment

Secre

No title

フットボールのスタジアムって大きいんですね。しかも、どれも大学フットボール。
そういえばノックスで試合があるときは、I-40(だったっけ)が混雑してました。
オレンジ色の小旗を立てた車がいっぱい。ピックアップが多かったな。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。