スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムに迷い込む

ちょっと前の話になりますが、ディズニーランドがあることで有名なオレンジ郡の、リトル・サイゴンに行ってきました。

アメリカには世界中から移民が集まっているため、ロサンゼルスのリトル東京や、サンフランシスコのチャイナタウンといった各民族の集住地が、都市部に点在しています。リトル・サイゴンは1970年代に、ベトナム戦争によって発生した、南ベトナムからの難民によって形成されました。

リトル・サイゴンの中心にあるショッピングモールに着くと、土曜日の昼時ということで、大勢の人で活気にあふれていました。しかも、運良くフラワー・フェスティバルの行われている日だったため、屋台も出ていて、普段以上の賑わいを見せていたようです。

IMG_5911.jpg

IMG_5910.jpg


来ている客の95パーセントくらいはおそらくベトナム系アメリカ人。周りで話している言葉は全く理解できません。まるで異国に迷い込んだような気分になります。

二階建ての建物に入ると、吹き抜けになっていて、一階にはベトナム料理とバブルティーのお店と、CD/DVDショップ、2階には宝石店が建ち並んでいました。

アジアのポップミュージックに興味のあるボクは、ふらりとCDショップに足を踏み入れてみました。店内で流れている曲は、どことなく日本の50年代、60年代を思わせるような曲調。演歌に近いんでしょうか。また、テレビのモニターに流れている映像は、どれも歌詞付き。ベトナムではCDと同じくらい、カラオケDVDが人気があるようです。そういえば、ベトナム料理店に行くと、必ずといっていいほど、ミュージックビデオが流れています。

アドバイスを求めて店員さんに話しかけましたが、とてつもなくなまった英語で、彼の言っていることの20パーセントくらいしか聞き取れません。ベトナムの若者にはどの歌手が人気があるのかと聞くと、慣れた動作で店内の各コーナーからCDをかき集めてきました。

本当はそれぞれのCDについて説明をしてほしかったのですが、おそらく会話は成り立たないだろうと、言われるままに5枚のCDとカラオケDVD一枚を購入しました。家に帰って聞いてみると、表紙に載っているアーティストは、ロックかヒップホップといった感じの若者なのにも関わらず、曲調は演歌に近いバラードばかり。そのギャップが新鮮でした。音楽を通じて何となく文化が見えてくるのは楽しいものです。

IMG_5920.jpg


その後、モールの外に出ると、何やらテーブルを囲んで人ごみが。覗こうとすると、突然、笑顔の中年男性が、ベトナム語で話しかけてきました。ボクはベトナム語は話せませんと言うと、つたない英語で爆竹はいらないかと言ってきました。使う機会がないからと断ると、たったの10ドルだから買ってくれと引き下がりません。そんなでかい音のするもんをアメリカで鳴らしたら、銃撃戦が起こったと勘違いされると言ったのですが、じゃあ今ここでやればいいと、めちゃくちゃな押し売りをしてきます。

押しに弱いことで有名なボクは、じゃあ買うから、あんたがここでデモンストレーションしてくれと、すぐに根負けしてしまいました。10ドルを渡すと、どこからともなくやってきた怪しげな男性が、いきなり火を付け始めました。写真を撮りたいからちょっと待ってくれと言ったのですが、英語が通じず、わずか20秒でデモンストレーションは終了。けたたましい音とともに消えた10ドルでした。

IMG_5890.jpg


そんなボクの気持ちを逆なでするように、押し売り男性は、更にボクのところにやってきて、お土産にもう一個どうだと勧めてきます。さすがにイラっとしたので、もういらんと言い、それよりあのテーブルの人ごみは何だと聞くと、今度はボクの腕をつかみテーブルの方へと無理やり引き始めました。

金を出してみろと言われましたが、ノーと断り、しばらく何が起こっているのか観察していました。どうやら、6つの動物が描かれたボードと、三つのサイコロが入ったボウル、そして皿を使ったギャンブルのようで、現金をボードの絵の上に置き、サイコロで出た動物と一致したら掛け金が倍になるというルール。ベトナム版ルーレットです。

IMG_5898.jpg


するとあの中年男性が、こいつもやるぞなどと大声で叫び出し、観客の熱い視線を浴びたボクは仕方なく参加することに。幼い頃からテキ屋にだまされ続けてきたボクは、勝てないのは承知しながらも、1ドル紙幣1枚を適当にボードの上に置きました。結果は見事外れ。

今度は、くちゃくちゃになった紙幣の束を片手にしたディーラーが、もう一度やれと言ってきます。おそらく既に数十ドルはだましとられたであろう、無垢な中学生くらいの子供たちが、調子に乗って、やれやれコールを始める始末。これが最後と、1ドル紙幣を3枚賭けましたが、もちろん負け。もう少しはっきりノーと言えるようになりたいもんです。

IMG_5902.jpg


気を取り直して昼飯を食べようとモールの中へ入り、Pho '79というレストランに入りました。ベトナム料理と言えばフォー。米粉の麺で、ラーメンに比べてあっさりしています。最近これにはまっていて、リトル・サイゴンでのお目当ての一つでした。アメリカの重たいファーストフードに疲れた時、比較的安価なベトナム料理、特にフォーは癒しの食品です。

IMG_5909.jpg


帰りは隣町にある韓国街を通りすぎたので、そこで少し買い物。ここの韓国街はリトル・サイゴンよりも大きくて、びっくりしました。アメリカの日本街がどんどん縮小していることを考えると、韓国人移民のパワーを感じます。

IMG_5913.jpg
ベトナム系スーパーで購入した「きんくま」。どうみても表紙の絵はコアラ。
スポンサーサイト

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

tag : リトル・サイゴン アメリカ ベトナム オレンジ郡

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。