スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親バカ社会?

ロサンゼルスの高速を走っていたら、バンパーにこんなステッカーをつけている車を見かけました。

"My child is an honor student at Daniel Webster Middle School."(私の子供は、ダニエル・ウェブスター中学校の成績優秀生徒です。)

日本では、自分の子供を自慢しながら車を運転する光景など絶対見かけません。

オフィスや記者席で話していても、自分の子供はリトルリーグのエースだとか、成績がオールAでスポーツも万能だから、色々な大学から奨学金の話が来ているなどといったことを平気で話します。

これが日本だったら、

「おたくの息子さん、慶応大学に進学されるんですって。優秀で羨ましいですわ。うちの子なんて受けたところ全部落ちちゃって。勉強は全然だめなんですよ。」
「いえいえ、偶然受かっただけなんで、入ってからが心配ですわ。でもおたくのお子さん、すごいじゃありませんか。3年間野球部のレギュラーで、しかも一流大学を目指して浪人するなんて。」
「お互い子供には苦労させられますわね。」
「ほんと、国立に進学してくれればお金も浮いたのに。」

なんて会話になるはず。

以上の会話をアメリカ流に直すと、次のようになります。

「うちの息子はハイスクール時代、ずっとクウォーターバックとして活躍していて、名門大学からも声がかかっていたんだけど、奨学金がとれなかったから、とりあえず短大に進学するのよ。でも、来年にはUCLAに進む予定なの。」
「私の子供は学級委員長をやって、コーラスで全米大会に出たおかげでスタンフォードに進学するわ。彼は頭もいいけど、すごく努力した。それが認められて嬉しいわ。」
「私たちはいい子供を持って幸せよね。」
「そうね。スタンフォードからも奨学金がもらえるかもしれないようだから、この不景気に助かるわ。」

アメリカでは、自分の子供を卑下することは、愛情が薄いととられかねません。

これは自分のことを話す際にも当てはまります。ボクもアメリカに来た当初は、英語を褒められた時に、心の中では喜びながらも、いや大した事ないんですよ、などと答えていました。でも日本では当たり前の謙虚さが、こっちでは自信がないのだと受け取られてしまいます。今では、褒めてもらった時には、笑顔で"Thank you"と言うようにしています。

以前は、自分の子供を平気で褒める文化に違和感を感じていました。でも、子供の才能や努力を誇らしく思った時に、それをちゃんと口にするのは、むしろ健全なのかもしれません。子供も、親の前向きな言葉や姿勢を力に変えるはずです。

とはいっても、根拠なき称賛やいきすぎた自慢話が、他人に不快感を与えるのは、アメリカでも変わりません。
スポンサーサイト

theme : 海外で育児
genre : 育児

comment

Secre

No title

確かにアピール社会ですね。いろいろと経験しました。
おかげで私もすこしそれを取り入れて、あまり自己卑下をしないようになりました。
当時、相手のことをほめるとよく返ってきた答えが「ありがとう。努力してるの」。
これって結構いい感じの答え方だと思い、日本に帰ってから人からほめられた時には、よくこう返事をしています。

褒められるということ

日本人って慣れてないよね。

自分自身、アメリカ人に褒められると『そんなことない。まだまだだ。』って思う。
何でこんなことで褒めるんだ。こんなレベルでそんなにRecognitionをするんだと思ってしまう。

『自信がないんじゃなくて、まだまだ自信をもつには十分なスキルがない。もっとImproveしないとだめだ』
みたいなことを、拙い英語で返事するように心がけています^^;

興味深い日記でした。ありがとう。

Re: No title

何でもかんでも謙遜するのではなく、褒めてもらった時には、それに感謝の気持ちを表すのもまた誠意ですよね。「努力してるの」はボクも使ってみようと思います。

Re: 褒められるということ

スポーツのコーチングを見ても分かるけど、日本だと褒められるということが少ないよね。日本のコーチが、苦手なところを見つけてそれを指摘する傾向があるのに対して、アメリカ人の多くは、少しでもいいところを見つけてそれを褒めようとする。人材育成という点では面白い文化差異だと思うな。

No title

とっても good point な日記だわ!

ね、素直にありがとうって言えるようになるまで、私も時間かかったなー。人を褒めるのは前から好きだしうまいんだけど(自分で言うのもなんだけど。笑) でも自分がほめられると、やっぱり謙遜してしまう。謙遜の美がしみついているから仕方ないのかなぁ、にっぽんじん。エルルさんの、「努力してるの」はとても良いですね。

ふと思ったけど、
日本人って、ありがとうって言うべきだろうシーンでも、
すみませんって言うことよくあるよね。

ほめて育てるか、たたいて育てるか。

善し悪しの問題ではなく、
単純に、文化の違いって、本当におもしろい





Re: No title

確かに日本人はすみませんって言葉が好きですよね。相手に何かをしてもらった時に、嬉しい気持ちを表現するのではなく、苦労をかけたことを謝る文化なんだと思います。

No title

あ、ごめん、

なんでともやの返信が敬語なんだろうと思ったら、
私が自分の投稿に名前をつけていなかったのね(笑)

2月28日の投稿は私です、ゆりです♪

Re: No title

何となくゆりじゃないかとは思ったけど、やっぱね。
でも基本的にボクは礼儀正しいですから。

No title

はいはい(笑)
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。