スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC: オランダを導く名将

大リーグ選手だけで構成された優勝候補のドミニカ共和国が、現役大リーガーのいないオランダに延長戦で敗れ、第一ラウンド敗退という大波乱の起きたワールド・ベースボール・クラシック。

最初の対戦でオランダが3-2で勝った時は、ドミニカの打線がたまたまつながらず、オランダのピッチャーが偶然調子が良かったのだろうくらいに思っていました。でも、昨日の試合でまたもやドミニカ打線を封じたオランダ投手陣。プエルトリコも3点に抑えたことを考えると、からっきしダメな打線を補うだけのものを持っているのかもしれません。

そしてプエルトリコ戦をテレビで見ていて驚いたのが、オランダの監督。ダッグアウトで腕を組む姿がしきりに映り、どっかで見た顔だなと思ったら、それもそのはず。なんと一年半ほど前までテネシー大学の監督をしていたロッド・デルモニコさん。

18年間でテネシー大学を三度のワールドシリーズへ導き、1995年には最優秀監督に選ばれ、トッド・ヘルトンを初めとする名選手をメジャーリーグへ送り込んだ名将です。それでも最後の数年はカンファレンスやプレイオフで思うような成績が残せず、ボクが大学新聞で野球チームの番記者をしていた2007年のシーズン後に解雇されてしまいます。

シーズン中の記者席では、番記者連中が、チームの苦しむ様子を見て、デルモニコさんの采配をこきおろしていました。彼は日本の監督以上に、基本に忠実な野球を好み、バントや盗塁を多用する、いわゆるスモール・ベースボールを貫いていました。感情をそのまま表現するため、敗戦後のインタビューは気が重いこともありましたが、常に率直な意見を聞かせてくれることもあって、ボクにとってはお気に入りの監督でした。

また、アメリカ以外の野球にも関心が深く、ヨーロッパや中国に、メジャーリーグからのコーチとして派遣されていました。おそらくそれが、オランダチーム監督への就任にもつながったのだと思います。最初に挨拶をした時から、日本から来たボクに興味を持ってくれ、日本の選手をぜひテネシー大でプレイさせたいという話すら持ちかけてきました。

ドミニカ戦の後には、以前と変わらぬ笑顔で喜びを爆発させ、涙を流していたデルモニコさん。18年間も同じチームを率いていてれば、監督としてマンネリ化することもあります。指導力はお墨付きなだけに、ワールド・ベースボール・クラシックでの活躍をモチベーションにして、大舞台に返り咲いてもらいたいものです。
スポンサーサイト

theme : WBC
genre : スポーツ

tag : WBC ワールド・ベースボール・クラシック オランダ ロッド・デルモニコ ドミニカ共和国 テネシー大学

comment

Secre

No title

テネシー大学って、アメフトだけではなく野球も強いんですね。知りませんでした。

Re: No title

まだ優勝したことはありませんが、デルモニコさんのおかげで、強豪の仲間入りをするようになりました。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。