スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外にも役に立つ、ハワーユードゥーイン

初対面の人に話しかけるのは難しいものです。パーティーに招かれて、偶然誰かと目が合ったり、取引先と始めて面会したりした時など、やはり緊張してしまいます。それが母国語の通じない相手なら尚更のこと。国や文化によっても、挨拶の仕方は違います。

ボクも仕事柄、見知らぬ人に話しかけることは日常茶飯事です。それでもアメリカに来た当初は、なかなか人の輪に入っていくことができずに苦労していました。

そんな時に役に立つフレーズが、”How are you doing?" 日本の中学校で英語教育を受けた人なら、必ず知っている表現です。

ボクが中学生の時、授業の初めに必ず先生と、「ハロー、ミスOO。ハワーユードゥーイン?」「アイムファイン、サンキュー、アンドユー?」と挨拶を交わしていたことを今でも覚えています。当時は、なんとくだらんことをやらせるんだと思っていましたが、実はこれがとっても役に立つフレーズだと気付きました。

訳せば、「調子(ご機嫌)はどうですか?」「おかげさまで順調です、ありがとうございます。」なんてところでしょう。しかし、この表現はそもそも本当に相手の様子を聞いているわけではなく、あくまで儀礼的なやり取り。いわば、本格的な会話を始めるきっかけのようなものです。

ボクは最近、初対面の人だろうと、同僚、もしくは電話の相手であろうと、いつもHello (相手の名前), how are you doing?と会話を始めるようにしています。相手に聞かれた時は、Pretty good, thank youやI'm fine, thank youと答え、How about you? と聞き返すようにしています。

ここで笑顔で相手の目をみながら、自信を持って挨拶すると、それ以降の会話にもスムーズに移行できるようになります。このやりとりは、ボクにとって、これからの会話を積極的に行おうと自分に言い聞かせる、スイッチみたいなものです。その際、ボクは口から出る言葉をイメージ化して、それで相手を包み込むような感覚を持つようにしていいます。

駅のホームで目があっただけの人なら、そこで会話が終わることもありますが、パーティーや仕事での出会いであれば、握手を求めながら、すかさず自己紹介をしてしまうようにも心がけています。

他にも、みなさんのおすすめの挨拶があればぜひ教えてください。
スポンサーサイト

theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

tag : 英語 アメリカ 挨拶 会話

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。