スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング・オブ・アスリート

今日は朝から4つ続けて取材が入っていました。

朝一番で、北京オリンピック金メダリスト、ブライアン・クレイが近隣の小学校を訪問している様子を取材。その後、さっと美容院で髪を切ってから、高校生ソフトボール選手の写真撮影に立ち会いました。それが終わると、今度はプールへと移動し、小児まひを患いながらも水泳部で活躍する高校一年生にインタビュー。夜は野球場でハイデザート・マーベリックスの試合記事を書いてから、ようやくオフィスに戻り、夜中までビデオの編集作業をしていました。移動がハードでしたが、外に出て人に会っていると充実感を感じます。

陸上10種競技の世界王者であるブライアンは、自ら創設したブライアン・クレイ基金の活動として、ハイデザートの小学校をまわっています。子供たちと一緒に競走をしたり、槍投げの実演をしたりと、サービス満点でした。著名アスリートの中には、来てやっているという態度の人もいますが、ブライアンは道具の後片付けを黙々と行うなど、とても好印象を受けました。

彼は日本生まれの母と祖母を持ち、日本的な家庭で幼少時を過ごしました。ハワイに住んでいた頃は日本語もある程度聞き取れたといいますが、10年前にカリフォルニアに来てからは、スペイン語とごっちゃまぜになってしまったそうです。

Bryan Clay(撮影・David Pardo)

ブライアンは昨年の秋、お正月に放送されたスポーツマンNo.1決定戦収録のため、日本を訪れました。デカスロンを制し、キング・オブ・アスリートと呼ばれる彼にとって、ハンドボールの宮崎大輔選手に破れて2位になったのは屈辱だったに違いありません。本番前日に到着し、翌朝8時から始まった収録は、真夜中すぎまで続いたそうです。初めて見る種目やオリンピック後の調整不足に悩まされ、思うような結果を残せなかったといいます。

スポーツマンNo.1決定戦について興奮気味に話す彼を見ていると、今年度末の出場に対して、かなり前向きだと感じました。万全のコンディションで臨んだブライアンがどんなパフォーマンスを見せるのか、今から楽しみです。

ところで、ブライアンの訪れた小学校で6年生の女の子と、こんな会話を交わしました。

「何のために取材してるの?」
「新聞だよ。」
「記事を書くとお金をもらえるの?」
「もらえるよ。」
「一つの記事につき、いくら?」

子供といえど、ちゃっかりしているものです。まあ答えを聞いたら記者を志す子供がいなくなりそうなので、ブライアンよりちょっと少ないくらいだよと、曖昧に返しておきました。
スポンサーサイト

theme : 陸上競技
genre : スポーツ

tag : ブライアン・クレイ 10種競技 ハイデザート 取材 スポーツマンNo.1決定戦

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。