スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルの死

世界中に大きな衝撃を与えた、マイケル・ジャクソンの死

昼過ぎにオフィスに着くなり、みんながテレビにかじりついていた。同僚からマイケル・ジャクソンが死亡したと聞いた時は、マイケルにありがちな単なる噂話だと思った。急いでインターネットでUSA TodayやCNNを見てみると、「マイケル・ジャクソン、病院に担ぎ込まれる」といった見出しが目に飛び込む。芸能ゴシップサイトのTMZはいち早くマイケルが死亡したと報道。情報が錯綜していた。

その後、ようやくロサンゼルス・タイムズが関係者に確認を取り、ウェブサイトに死亡記事が掲載された。テレビでは、どのチャンネルもマイケルのニュースを速報で流していた。

その数時間後には、Googleトレンドのトップ100のうち、16がマイケルに関するものとなり、Twitterでは一時、マイケルの死に関するものが投稿の30パーセントを占めたという。

思えばボクのマイケルとの出会いは、東京ディズニーランドの3D映画アトラクション、「キャプテンEO」だった。小学生になるかならないかくらいだったボクは、男か女か分からないマイケルと奇怪なエイリアンとの争いに恐怖を抱いていた。あまりの恐ろしいCG映像に、3D眼鏡をかけては鑑賞できなかったのを覚えている。

大きくなってからは、マイケルの音楽に特に魅かれるということはなかったが、キレのあるダンスやちょっと変わった生活ぶりには興味を持たずにはいられなかった。

キング・オブ・ポップと評され、米国のみならず、世界中の注目を集めたマイケル・ジャクソン。その人気ぶりとエンターテイメント界に与えた影響、あまりの人気から生じた苦悩などはエルビス・プレスリーに重なるところがある。

多様性を内包する米国では、国民が一斉に注目するニュースというのはそうあるわけではない。そのアメリカで、マイケルの死がこれだけ話題になるということは、彼がいかに愛される存在であったかを物語っている。

この記事を書きながら、改めてマイケルの音楽を聴き直しているが、その澄んだ優しい歌声の裏に何ともいえない寂しさを感じてしまう。彼の作品には、マイケル・ジャクソンという人物そのものがにじみでている。まさにアーティストである。
スポンサーサイト

theme : マイケルジャクソン
genre : ニュース

tag : マイケル・ジャクソン Googleトレンド Twitter

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。