スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまらないMLBドラフト

一昨日のNBAに続き、昨日は細々とNHLのドラフトが行われた。

NBAドラフトでは、大方の予想通り、クリッパーズがオクラホマ大のブレイク・グリフィンを全体一位で指名。今年のドラフトは、スペイン代表、18歳のリッキー・ルビオを筆頭にポイントガードはタレントが豊富だったが、それ以外はイマイチという印象だった。

それでも会場では、デイビッド・スターン・コミッショナーが指名された選手の名前を読み上げる度にファンからブーイングや歓声が上がり、盛り上がりを見せていた。NBA好きの同僚もテレビの前に張り付き、途中に入るトレード速報を聞きながら一喜一憂していた。

NBAやNFLのドラフトは、会場に主な選手達が集まって全米生中継される中、お祭りのような雰囲気を帯びる。大学スポーツファンにとっては、自分の応援する大学の選手がどこに行くのか気になるし、プロスポーツファンにとっては応援するチームが誰を獲得するかで勢力図が大きく変わってくる。バスケットボールやフットボールにとって、ドラフトはまさに運命の一日なのだ。

その人気をまねようと、野球のメジャーリーグも2007年に初めてドラフトのテレビ生中継を行った。その年、テネシー大の選手が一巡目で3人指名されるという快挙を達成したので、ボクは個人的には楽しむことができたが、注目度という点ではNBAやNFLには到底及ばなかった。

残念ながら野球はバスケットボールやフットボールと違って、ファンがドラフトを楽しめる要素が少ない。日本では高校や大学で注目を集めた選手がすぐにプロで活躍するということも珍しくはないが、メジャーリーグではどんなに期待される選手でも数年間はマイナーリーグで経験を積まなくては活躍できない。上位指名選手がすぐにチームにインパクトを与えることができないため、数年経ってメジャーに上がってもドラフトは単なる過去の話となってしまう。

それに野球はバスケットボールやフットボールに比べて、選手の将来が予想しづらい。最初の10巡目くらいまでに指名されるような選手であっても、メジャーリーグにたどりつけるのは30パーセントくらいの確率であるという。それ以降に指名される1500人もの選手の間では、それが5パーセントほどに落ち込む。野球のドラフトでは失敗のほうが成功よりも圧倒的に多いのである。

それに対してバスケットボールでは、ドラフトの上位で指名されるような選手は、ケビン・デュラントやデレック・ローズのように一年目からチームを牽引する活躍を見せることもある。まして一度もプロの試合を経験しないというようなことはほとんどない。ファンとしては、大学やヨーロッパでスターだった選手が、一年目にNBAでどんな働きを見せるのか、ドラフトの日から待ち遠しく感じることができる。

そして何より、大学バスケットボールや大学フットボールに比べて、米国では高校野球や大学野球の人気が圧倒的に低い。コアな野球ファンでない限り、ドラフト候補選手を誰一人として知らないというのが普通である。甲子園のような高校全国大会は米国には存在しないし、カレッジ・ワールド・シリーズ(全米大学野球選手権)も未だマイナーな大会。今年こそ全体一位で指名されたスティーブン・ストラスバーグが注目を集めたが(サンディエゴ州立大出身の彼は、160キロの豪速球をバンバン投げる怪物)、それ以外は「あんた誰?」の世界である。そんなドラフトを見ても楽しいわけがない。

悲しいが、米国野球のドラフトはお祭りには成り得ないのである。
スポンサーサイト

theme : MLB
genre : スポーツ

tag : ドラフト メジャーリーグ MLB NBA NFL NHL スティーブン・ストラスバーグ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。