スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語学習

これまでどんなに英語が上手になろうと、自分の母語は日本語だと感じていました。

無意識に頭の中で考えたり、心から沸き上がってくる感情を説明したりするのは日本語、英語はあくまで勉強して身につけるものという位置づけでした。しかし、毎日アメリカ人に囲まれた職場で働き、英語で書いたり読んだりしていることで、境界線が曖昧になってきました。

それを強く実感するのが、電話で話している時、そして文章を書いている時。

電話だと、身振り手振りや顔の表情、場の雰囲気を伝えることができない。言語だけが頼りです。会っている時は何となくでやりすごせる意志疎通が、電話越しだと最近もどかしく感じます。日本語で会話をしていると、頭の中で言葉を探している自分にはっきりと気付くのです。英語を日本語に翻訳していることすらあります。

またこれまでなら、日本語で文章を書いている時、比較的スムーズに言葉が出てきていました。一文を流れるようにしてタイプできていた。それが今は文の途中で手が止まり、考えては消して、また書くということが増えてきました。パッと文が浮かんできていたのが、今はそれを頑張って頭の中で作っているという感覚。

ボクが通っていた高校は、帰国子女が3分の2を占めていたため、友達同士の会話に日本語と英語が入り交じっていました。一つの文の中に英語と日本語の単語を混ぜて使う、「ちゃんぽん」という話し方をする学生もいました。

当時は単に英語力を見せつけようとしているのだと思い、面白半分でボクも真似しようとしていましたが、今なら彼女らの気持ちが分かります。

これまでの癖というか習慣で、意識して学ぶのは英語だけでした。読書も95パーセントくらいは英語。日本語はすぐに取り戻せるし、英語が完璧になるのならと思っていました。でもこう長くアメリカで暮らしていては、それも変えないとまずい。

そろそろ日本語を「勉強」する時期が来たということでしょうか。
スポンサーサイト

theme : 日本語を学ぼう
genre : 学校・教育

tag : アメリカ 英語 電話 言語 語学 日本語 文章 ちゃんぽん 勉強 帰国子女

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。