スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月と言えば

アメリカで最も人々を熱狂させるスポーツイベントは何か。

一日だけのイベントというのであれば、NFL決勝戦のスーパーボウルかもしれません。しかし、毎年この時期行われているNCAA men's basketball tournament(全米大学男子バスケットボール選手権)は、March Madness(三月の狂乱)というニックネームがつけられるほどで、およそ二十日間に渡って全米中を熱気に包みます。

その盛り上がりは、野球のワールド・シリーズやNBAのプレイオフが及ぶところではなく、大学側はこのトーナメントのおかげで、一年間に600億円以上もの放映権料を手にします。

大会は、全米各地から選び抜かれた65の大学がぶつかり合い、優勝を決めます。一回負けたら終わりのトーナメント形式であることから、毎年様々なドラマが生まれます。以前も書いたように、アメリカ人は地元意識が強く、また大学進学率も約65パーセントと非常に高いため、ほとんどの人がひいきのチームを持っています。

そうした事情が絡み合って、March Madnessはギャンブルとしても発展してきました。各試合の勝敗はもちろんのこと、どのチームがどこまで進み、どこが優勝するかといったことを予想し、インターネットや友達同士、家族、職場などで競い合います。

会社員たちが仕事中にインターネットやテレビで試合の様子をチェックするため、作業効率が落ちるという社会現象まで起きるほどです。

うちの新聞も、この時期は地元UCLAをはじめとし、紙面が大学バスケットボール一色に。また購読者を対象に、ネット上で予想コンテストを行っています。職場では他の会社と同じく、仲間内で競い合っています(お金をかけているかは言えません。みんなやっているとはいえ、違法ですから。。。)。

ボクの勤めるスポーツ局では、堂々と試合のテレビ中継を流していられるため、結果を気にする他の部署の社員達が、部屋にひっきりなしに出たり入ったり。

ところで、紙のトーナメント表に予想を記入していた時のことです。同僚のアメリカ人が、ボクの記入した予想を見て、これは何だと言ってきました。ボクはてっきり、自分が母校を優勝校に選んだのをからかわれたのだと思ったのですが、聞いてみると、勝者に線を引っ張っていく日本では当たり前の記入方法が、理解できないと言うのです。

考えてみると、確かにアメリカでは勝者に線を引っ張る記入方法を見たことがない。でも、そんなことたいして意識していなかったため、ハッとさせられました。アメリカでは、トーナメント表は主に、勝者の名前を線の上に記入していきます。

結局、一から記入しなおす羽目になりました。こうした細かい部分でも、文化によって違いがあるんで、注意が必要です。
スポンサーサイト

theme : NCAA男子トーナメント
genre : スポーツ

tag : 全米 バスケ March Madness トーナメント アメリカ NCAA Tournament

comment

Secre

プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。