スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわりの種を噛む

ソフトボールに引続き、今日は高校野球のナイター取材でした。

Sultana.jpg


金曜の夜に、同じ市にある二つの高校がぶつかり合うということで、300人以上の観客が詰めかけていました。この二校はフットボールやバスケットボールでは選手同士のみならず、観客の間でも乱闘が起きるほどのライバル関係です。

スピーカーからクイーンを始めとするおなじみのスポーツ・ソングが鳴り響き、売店からはグリル焼きのいい匂いが漂ってきます。プレイボール前には国歌斉唱や始球式も行われました。学校側が少しでも雰囲気を盛り上げようとしているのが伝わってきます。

アメリカの高校スポーツは、日本のように一発勝負のトーナメント形式はとっていません。レギュラーシーズンは各地域でリーグ戦が行われ、そこでの上位校がトーナメント形式のプレイオフに進出するのです。

ボクの住むハイ・デザートと呼ばれる地域には二つのリーグがあり、今日の二校は同じリーグ内で一、二位を争っています。だから生徒や親、地元の住人たちが熱狂しないわけがありません。

毎年近くの高校同士がぶつかり合うため、それが伝統やライバル関係を生み、勝負を面白くする。だから高校スポーツが新聞に取り上げられるほど地元に根付くのだと言えます。

ちなみに、アメリカの野球観戦と言えばひまわりの種。選手も観客も、口いっぱいに詰め込んで試合を楽しみます。ボクはこれまで食べたことがなかったのですが、隣にいたカメラウーマンのセラがそれを聞いて驚き、食べ方を伝授してくれることになりました。セラはボクと同い年くらいの美人さんなので、断るわけにはいきません。

彼女はジーパンの後ろポケットから袋をサッと取り出し、慣れた手つきで口いっぱいに種を詰め込みました。口の中で噛みながら種の中身だけを取り出し、表面に付着した塩味がなくなったら殻をペッと吐き出す。ワイルドでセクシーです。見ているとちょっと簡単そう。

でも種をもらって実際にやってみると、果たして中身だけを食べられているのか自分でもよく分かりません。しかも殻を吐き出すのが意外と難しく、唾が大量に出て汚らしくなってしまいます。格好悪いところは見せられないと頑張ってみましたが、最後は結局指を突っ込んで殻を取り出す始末。

アメリカ文化をマスターするには、まだまだ遠い道のりが待っているようです。
スポンサーサイト

theme : 野球全般
genre : スポーツ

tag : スポーツ アメリカ 高校 野球 ひまわり リーグ トーナメント

comment

Secre

イリノイに住んでた頃、コーチをしてたリトルリーグチームの子供たちにもらったのが、オレのヒマワリの種デビュー戦。何の疑いもなく、とりあえず丸ごと食べて飲み込んだら、みんなに大笑いされて、食べ方を教わったもんだよ。その後、ハイスクールのコーチをしてた時も、みんなで毎試合食べてたな。病みつきになっちゃって、あれを食べてないと、何となく口元がさみしくなるような感じだったなー。口の中できれいに殻を割れて、プッと殻だけ出せた時が、何とも壮快だよね。

>takaさん
ごはんやソフトボールチームも、ヒマワリの種を食べていなかったから優勝できなかったのかもしれません。みんなにぜひ伝授してあげてください。
ボクもしっかりと練習しておきます。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。