スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリンよ どこまで上がるや 底しらず

ガソリン価格がついに一ガロン4ドルを突破したかと思えば、その一週間後には4.30ドル。まさにミスチルのTomorrow Never Knows。とどまることをしりません。

IMG_3572.jpg


カリフォルニアはガソリン平均価格が全米一位。以前住んでいたテネシーと比べて50セントも高いのだからたまりません。

6ヶ月前に、弟と二人でサンフランシスコに旅をしていた途中、荒野のど真ん中に一ガロン3.50ドルのスタンドがあって、二人で驚いていたのがもう遠い昔のことのよう。ボクが以前留学していた時に、2ドルを突破してアメリカ人が大騒ぎしていましたが、その四年後にこうなるなんて誰が予想できたでしょうか。

一ガロンが3.785リットルなので、現在およそ一リットル114円。三年前の日本でそれくらいだったと記憶しています。今の日本では150円を超えているようなので、それに比べればましではないかと思うかもしれません。

でもアメリカの場合、大都会に住んでいない限り、車なしで生活することはほぼ不可能です。ビクタービルにはロサンゼルスまで通勤している人がたくさんいますが、車で1時間運転する以外、交通手段はありません。毎日往復100キロ以上運転するのだから、ガソリン代はばかになりません。

ボクは職場やショッピングモールまでわずか数キロと恵まれていますが、それでも夏場は40度近くになるため、自転車や歩きはかなり苦痛です。ましてや、100メートル離れたコンビニに行くのに車を使うアメリカ人が、数キロの道のりを自転車通勤できるとは到底考えられません。

日本やヨーロッパのように電車やバスが発達している国に比べ、アメリカではガソリン価格の変化が生活に大きく影響をおよぼすのです。車と飛行機という、アメリカの二大交通網がガソリンに依存しているのは、非常に危険な状態だといえます。

投資家や弁護士さん達ならあまり問題ないでしょうが、薄給記者にとっては大打撃というか、日々のサバイバルに関わってくる問題です。ただでさえ楽しみの少ない砂漠のど真ん中。ささいな小旅行という楽しみまで奪うのかとイライラもつのりばかりです。

そんな中、ウハウハ気分なのは日本の車会社。さすがのアメリカ人も、飢えた野良犬のようにガソリンを食うアメリカ製SUVやトラックは、手に負えなくなっているようです。今日のロサンゼルス・タイムズにも、燃費のいいアジアの小型車が売り上げを伸ばしているとの記事が載っていました。

ボクもこんな逆境に負けじと、明日から二日間休みを使ってラスベガスでギャンブルに興じてきます。もし神様がいるのであれば、きっとこんなボクに救いの手を差し伸べて、少ない元手を何倍にもしてくれるはずだから。(というのは冗談で、テネシーからやってくる元ルームメイトの観光に付き合うだけです)

原油や鉱物資源などに投資して、ガソリン代をつりあげているのではないかと噂されるウォール街の投資家さんたち。彼らがますますリッチになって、そのしわ寄せが純粋無垢なボクにふりかかっているとしたら、世の中不公平極まりありません。
スポンサーサイト

theme : アメリカ合衆国
genre : 政治・経済

tag : アメリカ カリフォルニア ガソリン 価格 ガロン リットル 投資 小型車

comment

Secre

拝見させていただきました。

ちょくちょく来させていただきます。
よかったら私の方もご覧いただけると光栄です。

本当にガソリンが日々上昇してますよね…2ヶ月前と比べても1ドルupに近い状況…会員カード作ったりしてるけど、値上げに家計が追いつきません…徒歩/電車圏内にすべてがある日本の生活の素晴らしさ。ベガスはドライブですか?飛行機で行くほどの距離じゃないか^^;飛行機も値上げやばいですね。はぁ、貧乏人にはどんどん暮らしにくくなる~!

>Ichiko
ベガスはドライブだよ。飛行機は高すぎる。日本にも帰りづらくてしょうがない。
オレも会員カード作ったほうがいいのかな。
プロフィール

TomoyaS

Author:TomoyaS
アメリカ生まれ、日本育ち。日本で大学を卒業した後、アメリカの大学院でスポーツ学の修士課程を修了。現在はカリフォルニアの新聞社でスポーツライターとして活動中。

最近の記事
RSSフィード
ブログ内検索
ブログランキング!
ランキングに登録しています。下のバナーをワンクリックお願いします!

FC2ブログランキング

カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。